オーガニックカラーとノンジアミンカラーと天然ヘナの違いについて

Pocket

埼玉県川口市で頭皮の健康を考え、天然ヘナカラーで染める事にこだわっている美容室の
ACE-LABです。

幅広い地域からのご来店など非常にありがたく思います。
さいたま市、上尾市、戸田市、蕨市、東京都内、などなど遠方からも来てくださり、
より一層正しい情報、技術を追求していきます。

ジアミンアレルギーの上昇

昨今のヘアカラーアレルギー、ジアミンアレルギー、多岐にわたり様々なアレルギーが増えており、
我々美容室、美容院にもたくさんの問い合わせがあります。

そのなかでも特に、40代からのアレルギーの発症の方が非常に多く相談があります。

体調の変化、ホルモンバランスの変化、環境の変化等、様々なストレスからの自立神経の乱れ
などで起こる、ヘアカラーのアレルギー症状。
その原因の一つでもある、ジアミン染料で頭皮や肌にトラブルを引き起こすので、

カラー剤メーカーもノンジアミンカラーや、オーガニックカラーなる商品を沢山発売
している現状です。

 

では、オーガニックカラーは安心なのか、ノンジアミンカラーは安心なのか、記事にしていきます。

結論からいうと、ノンジアミンカラーだろうが、オーガニックカラーだろうが
安全という事にはなりません。

全ては、使用する側(美容師)の技術と適切な処置が大変重要となります。

そもそもオーガニックカラーとは?

オーガニックとは無農薬、化学肥料を使わないことが規定としてありますが、
オーガニックだから安心安全と決めているのは、実は【国】。ではなく、

【認証団体】です。
この認証団体基準は「法律」で決められているものではなく、安全を【保証】
しているわけでもありません。

認証団体自体も利益を目的とした【企業】ですので、
登録するのに、年会費、認定費など様々な費用で買うのですね。

 

なので、【オーガニックカラー】で認証を受けたからといって、
安全というのは単なる思い込みであります。

また、天然の植物から抽出した時点で化学物質を使用しているので、
オーガニックって実は化学製品なのです。

 

なので敏感だからと言って、オーガニックカラーで染める事は
非常にシビアということです。

 

ノンジアミンヘアカラーはどうなの?

文字通り、ヘアカラー剤に含まれるジアミン染料を含まないカラー剤の事を指します。

ジアミンアレルギーを発症されているかたはこの染料に反応されるかたが大半です。
ジアミン染料を他の物質に代替えしたものを、
ノンジアミンカラーといいます。

 

なので、ジアミン染料に似た分子を配合しているという事で、
誰にでもできるかというと、そうでもありません。

 

ノンジアミンカラーはパッチテストの義務がないのですが、
事前にパッチテストをしたほうがリスク回避ができます。

ノンジアミンカラーのほかに、

カラートリートメントやヘアマニキュアもございますが、
アレルギーの確立が低いという事だけで、万人にできるという事でも
ありませんのでご注意ください。

 

なぜ最近、オーガニックカラー、ノンジアミンカラーに人気が集まるのか?

今から10年前にもオーガニックブームがあり、当時勤めていたサロンは、
オーガニックカラーのメーカーの認定サロンでした。
そのころ感じたのが、健康、自然派ブームの影響です。

当時はまだSNSやネットなどもmixiなどクローズドな空間での狭い分野で
あまり普及はしていませんでした。

 

 

現在、身体に触れるものや、食事等身体に摂取するものをできる限り害を
減らしたいという認識が高まり今に至ります。

 

 

誰しも食品や、衣類、洗剤など意識的に良いものを選びたいのは人間の性。

かくいう美容室におけるヘアカラーでも例外ではないと思います。

 

 

身体に負担がかかるヘアカラー剤よりはオーガニックな優しいものを選びたいと思うはず。
最近ではそんな世の中の流れから、格安カラー専門店も名ばかりなオーガニックカラーを
取り扱う美容室も点在しているわけです。

 

 

先ほども書いたとおりオーガニックだからと言って、【安心】【優しい】ということでは
ないという事です。

 

当店では、そのようなお話の観点から、天然ヘナ【ハナヘナ】を提案しています。

 

天然ヘナはオーガニック?ノンジアミンカラー?

先ほども書いたとおり、オーガニックは人間が意図的に作成したモノでありオーガニックに位置づけは
しません。

 

また、ノンジアミンという点でいうと、天然ヘナはノンジアミンという事になります。

しかし、ノンジアミンカラーも意図的に作成したモノであって天然ヘナとは全く違うものです。

 

あくまで、天然ヘナは天然ヘナ。

それ以上もそれ以下でもなく、今現在存在する染料のなかでは、一番刺激がないという
染料ということになります。

天然ヘナでもまれに植物アレルギーを発症される方もいるので、
あなた自身になにが向いているのか、

一度すべてパッチテストをし、確認することをお勧めします。

 

まとめ

全ての事にいえるのですが、どの商品もメリット、デメリットは絶対にあります。
よくインターネットでは美容室のブログ等でジアミンレルギーのかたもだいじょうぶ!!と
書いてあることが多いのですが、

ヘナであってもノンジアミンカラーであっても正しく対応してくれる美容室、美容院、美容師を
さがすことが一番大事になります。

情報過多になっている時代ではありますが、当店も常にアンテナをはり、
皆様に正しい情報を常に発信できるよう努めてまいりたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です